クロスファイア

  •  
  •  
  •  

クロスファイアの買取りで少し高く売る方法を大公開!

 

クロスファイアの買取りで少し高く売る方法を大公開!

クロスファイア(クライスラー)とは

 

クロスファイア(クライスラー)とは、
ドイツ・アメリカの「クライスラー」が販売していた自動車です。

 

 

外観は、1960年代のアメリカンスポーツカーを彷彿させ、
ベースはメルセデスベンツの「SLKクラス(R170型)」になります。
車種は、スポーツカー。
クーペとロードスターが存在し、ドイツの「カルマン社」によって生産されました。

 

 

 

クーペタイプが登場したのは、2001年。
デトロイト・オートショーにコンセプトカーとして出展されました。
しかし、当初はSLKとコンポーネントを共用するとは発表されておらず、同年中に市販化されました。

 

 

さらに、翌年の2002年「ロサンゼルスオートショー」では、市販版が展示。
2003年夏には、生産がスタートし、同年の後半に発売されました。
日本でも、同年の12月13日に発売されています。

 

 

 

一方ロードスターは、2004年9月4日に追加され、
ベースのSLKは「電動開閉式ハードトップ」になります。
しかし、クロスファイアは電動開閉式でありながらも、
ソフトトップを備えているのが特徴です。

 

 

開閉時にかかる時間は、約22秒。

 

 

カラーに至っては、
・クーペ
サファイアシルバーブルーメタリック
アラバスターホワイト

 

 

・ロードスター
クラシックイエロー

 

 

が、専用色になっています。

車買取時の注意点

 

車買取時の注意点について。
穏便に車を買い取ってもらうためにも、
車を買い取ってもらうときの注意点を知っておきましょう。
車の買取は、トラブルが多いと言いますから、
それらについてもある程度把握しておく必要があります。
また、近年オンライン査定が主流になっていますが、
オンライン査定は特に注意が必要です。

 

 

ここまでいろいろ言ってきましたが、
どんなことを注意したら良いのでしょうか・・・。
まず1つは、最初から1社で査定をしないこと。
2社3社の買取店で査定をしてもらうことで、
もっとも良い買取店を見つけることができます。
1社のみですと、後で良い買取店を見つけてしまう場合もありますので、
やはり最低でも2社に査定をしてもらうことをオススメします。

 

 

もちろん、一括査定だけでがすべてではありません。
その後は、必ず持ち込みの査定をしてもらいましょう。

 

 

 

買取時の注意点は、とにかくたくさんあります。
最近はネットで査定をしてもらう方が多いため、
どうしても注意点が増えるのでしょう。
便利な分、気をつけなければいけない点もあることを、
きちんと理解してから買い取ってもらいましょう。

 

ホンダ 値引き

査定について

クロスファイアについての情報をまとめています。クロスファイアは売るときにどんなことに気をつけたほうがいいのか知りたい方はこちら。また、高額買取の秘訣も紹介しています。

Copyright クロスファイアの買取りで少し高く売る方法を大公開! All Rights Reserved.